【1週間で合格】ズボラで時間がない人のためのITパスポート勉強法

この記事は約4分で読めます。

こんにちは!ニート戦士ぱつたろう(@patsutaro)です!

ぱつたろうは、2019年10月10日にITパスポートを合格しました。
勉強期間はなんと1週間でした!2019年10月3日に始めたんです。

この記事は、ITパスポートの資格を取りたいけど、ズボラで時間がない人のために書きました。

初心者ちゃん
初心者ちゃん

ニートのくせに時間がない人のために記事書くんかーい

ぱつたろうのITパスポートを取りたかった経緯

ぱつたろうは、2019年10月2日にITパスポートを取ろうと決心しました。
理由は就職に有利だと思ったからです(未だにニートだが(2019年11月現在))

当時はニートから早く脱出したかったので、なるべく早く取りたいという気持ちがありました。
しかし、大学院に2度落ち心が折れ続けていたので、ぱつたろうは、もともとのズボラな性格に拍車がかかっておりました。

そこで、なるべく早く、楽に、ITパスポートを取得する方法はないかと編み出したのが、以下の方法でした。

ぱつたろうのITパスポート勉強方法

ぱつたろうのITパスポート勉強方法をまとめました。

  1. おふとんに寝ながら、スマホを手に取る
  2. ITパスポート過去問道場でユーザ登録
  3. すべての過去問をランダムに行う

この勉強方法のポイントは、①いかに勉強のハードルを下げるか②いかに問題を本番の試験に近づけるかの2点です。

おふとんに寝ながら、スマホを手に取ることは、机に向かって本を開き、ペンを持ってノートに書くことよりもかなりハードルが低いことだとは思いませんか?(ズボラならではの発想( ᐛ👐)パァ)

また、最初からITパスポートの過去問を解くことは、ITパスポートの教科書を読んだり、類似問題を解いたりするより、最短で合格に近づける方法だと思います。理由は、過去問はその名の通り、過去のITパスポートの試験で実際に出題された問題だからです。

ITパスポートは、同じような問題が複数回出題されるので、過去問を解けば、出題傾向がつかめます。ぱつたろうの体感としては、過去問を3回分くらい解くと、おや?さっき解いた問題がまた出ている感じでした。

ITパスポート過去問道場

ちなみに、ITパスポートの過去問を何年から解いていけばいいかは好みの問題ですが、ぱつたろうは、過去問を全部やるぞ!と最初から決めていたので、一番古い方からやっていきました。しかし、3回分解いたあたりですでに心が折れかけました。(全部で22回(2000問)あるのに)

そこで、過去問をランダムに出題するように設定し直し、一日のノルマ数をクリアするように解いていきました。(ぱつたろうの一日のノルマは、過去問3、4回分(だいたい300〜400問)で、やる気なくなった場合を考慮して、予備日2日間設定していました。)自分はニートじゃないし、そんなに時間がないよという方は、新しい方からやるのもアリだと思います。

しかも、ITパスポート過去問道場は無料でできます。教科書代や問題集を買うお金が節約できるのは、ニートのぱつたろうにとっては得策でした。(ニートじゃなくてもおトクなんじゃない?)

ぱつたろうのITパスポートの得点

ぱつたろうは、2019年10月10日に試験本番を迎えました。会場の前室につき、試験の説明を受け、試験を受ける部屋に持っていけないものはすべてロッカーにしまいました。

試験を受ける部屋にいき、いざ本番!

ぱつたろうは計算問題が苦手なので、そこは気合いと運任せで解きました。(大丈夫、60問正解なら合格だから、100問中40問は間違えていいんだぜ)ちなみに、どうしても分からなかったり、あとで重点的に見直したい問題にはチェックを付けれる機能があり、あとでも見直せることを試験当日知りました(・ω<)てへぺろ

ITパスポートは解き終わったら、すぐに結果が見られるので、結果を見るためのボタンをクリックするときが一番ドキドキしました。

結果は、1000点中620点(つまり、62%の正解率)でした。ものすごくギリギリ!!

また、試験結果を見て、初めてただ60%以上正解しているだけでは合格できないことを知りました。。。

ITパスポートは、3つの分野に別れていて、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系で各300点(つまり各30%)以上正解していないと合格できないようです。(なんのこっちゃ分からない系)ぱつたろうは、ストラテジー系:520点(52%)、マネジメント系:565点(56.5%)、テクノロジ系(61%)でした。(意外とまんべんなく取れてた)

まとめ

ぱつたろうは、ITパスポートの試験を1週間で、1000点中620点取って合格しました。(みんなも危ない橋、渡ろうぜ!)

ぱつたろうのように、ズボラで時間がない方は、この記事の勉強方法を参考にして見るのはいかがでしょうか?(おすすめはしないよ!)

タイトルとURLをコピーしました